創薬研究用ヒト腎細胞 3D-RPTEC®

ヒト初代近位尿細管上皮細胞(RPTEC; Renal Proximal Tubule Epithelial Cells)を3次元で培養することでヒト腎皮質に近い薬物トランスポーターを発現する“3D-RPTEC”を開発しました。
従来のin vitro毒性評価や薬理評価には腎臓の株化細胞や初代細胞が使用されてきましたが、薬物に対する応答性は十分ではありませんでした。
開発品である“3D-RPTEC”は、従来の腎細胞よりも薬物の応答性が向上し、より感度の高いin vitro評価が可能です。

※本製品は研究用です。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用できません。

特徴

  • ヒト腎臓に近い薬物トランスポーターを発現したスフェロイド
  • 96ウェルプレート入りでそのまま使用可能(凍結せずに常温で輸送します)
  • 1ヵ月以上の長期培養が可能
創薬研究用ヒト腎細胞 3D-RPTEC® 特徴

性能

  • 遺伝子/タンパク質発現
遺伝子/タンパク質発現

従来の平面培養RPTECと3D-RPTECの遺伝子発現またはタンパク質発現を、ヒト腎皮質と比較しました。3D-RPTECでは腎臓の主要なトランスポーターOAT1やエンドサイトーシスを担うMegalinが顕著に向上していました。

  • 毒性試験
毒性試験

OAT1基質である腎毒性薬物Adefovirを3D-RPTECに3日間曝露し、CellTiter-Glo® 3D Cell Viability Assay(Promega)を用いてATPを測定しました。AdefovirによってOAT1介在性の腎毒性が確認され、Probenecid(OAT阻害剤)併用によってその毒性が軽減されました。

製品

製品 3D-RPTEC

3D-RPTEC(細胞)

製品 3D-RPTEC専用培地

3D-RPTEC専用培地

品名 型番 参考価格
3D-RPTEC(細胞・培地セット) NCP01SP 280,000円(税込価格308,000円)
3D-RPTEC(96well plate) NCP02RP 240,000円(税込価格264,000円)
3D-RPTEC専用培地(100mL) NCP03CM 60,000円(税込価格66,000円)
  • 価格は予告なく変更される可能性があります。
  • 初回キャンペーン価格、アカデミア価格を設定しています。詳細はお問い合わせください。
  • 本製品は研究用です。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用できません。
  • 3D-RPTECは各種の法律に基づいたインフォームドコンセントが取得され、個人情報の連結不可能匿名化がなされた細胞を使用しています。
項目 ダウンロード資料
プロトコル関連 取扱説明書(PDFファイルを開きます1.3 MB)
ATP測定(PDFファイルを開きます953KB)
免疫細胞染色(PDFファイルを開きます836KB)
SDS(安全データシート) 3D-RPTEC(PDFファイルを開きます540KB)
3D-RPTEC専用培地(PDFファイルを開きます545KB)
FAQ FAQ(PDFファイルを開きます450KB)

学会・論文発表

  • 学会発表一覧
日付 学会名 演題番号 タイトル
2021年11月14日 日本薬学会北陸支部第133回例会 一般講演
1-学-12
3D培養ヒト初代腎近位尿細管上皮細胞RPTECの腎薬物代謝評価系としての有⽤性
2022年6月30日~
2022年7月2日
第49回日本毒性学会学術年会 シンポジウム
S34-4
ヒト近位尿細管上皮細胞を用いた三次元培養モデルの開発と創薬への応用
ポスター
P40-S
高い薬物トランスポーター発現を有する3次元培養ヒト近位尿細管上皮細胞を用いた薬物誘発性腎障害のin vitro評価
2022年11月7日~
2022年11月10日
日本薬物動態学会第37回年会 ポスター
BP-12
薬物誘発性腎障害in vitroモデルとしての3次元培養ヒト腎近位尿細管上皮細胞の有用性
ポスター
P-026
改良ヒト腎近位尿細管モデル3D培養RPTECのトランスポーター機能解析
ポスター
P-027
FXRの活性化はヒト腎OAT1とOAT3の発現低下を介してテノホビル誘発性腎障害を減弱する
2022年11月18日~
2022年11月20日
日本動物実験代替法学会第35回大会 ポスター
P-57
三次元培養ヒト初代近位尿細管上皮細胞を用いた薬物腎毒性の評価手法の構築
ポスター
P-58
ヒト近位尿細管上皮細胞を用いた三次元培養モデルの開発とトランスポーター機能解析
2023年3月25日~
2023年3月28日
日本薬学会第143年会 シンポジウム
S40-02
薬物動態・毒性評価手法への応用を目指した三次元培養腎臓モデルの樹立
ポスター
27P2-pm1-040
ヒト初代近位尿細管上皮細胞を用いた新規ヒト腎細胞モデルの開発と創薬への応用
ポスター
27P1-am1-051S
クロマチンリモデリング因子BRD9阻害剤による腎線維化保護効果
2023年6月14日 第446回情報計算化学生物学会講演会 ヒト初代近位尿細管上皮細胞を用いた薬物の腎動態、腎毒性の評価 ~期待と課題
2023年6月19日~
2023年6月21日
第50回日本毒性学会学術年会 ポスター
P2-174
ヒト近位尿細管上皮細胞三次元培養モデルを用いた薬物誘発性腎毒性評価
2023年9月25日~
2023年9月29日
日本薬物動態学会第38回年会 ポスター
2P-209J
Utility of high content analysis of drug-induced kidney injury using 3D-cultured kidney epithelial cells
  • 関連論文一覧(外部サイトへ移動します)

Naoki Ishiguro, Etsushi Takahashi, Hiroshi Arakawa et al. (2023). Improvement of protein expression profile in three-dimensional renal proximal tubular epithelial cell spheroids selected based on OAT1 gene expression: a potential in vitro tool for evaluating human renal proximal tubular toxicity and drug disposition. Drug Metabolism and Disposition, 51 (9) 1177-1187.

取扱代理店

※上記リンクによって他のサイトに移動された場合、リンク先の情報・内容について当社はいかなる責任を負いません。リンク先サイトで提供される情報、サービス等についてはリンク先の規約をご確認いただき、リンク先の利用条件にしたがってご利用ください。