新中期経営計画「Nikkiso 2025」

中期経営計画「日機装2020」が2016年に始まってから2019年までの4年間、私たち日機装は未来の夢に向かって様々な挑戦を続けてきました。
将来性のある分野を見極め事業体制を整備したことにより、今後の成長の道筋が明確になってきたことから、外部環境の変化やグローバル・国内における課題認識を反映した新たな目標をもとに行動することが必要と判断し、2020年~2025年までを対象期間とする新中期経営計画「Nikkiso 2025」を策定しました。

基本施策

以下、2つの基本施策に基づき、計画を推進していきます。

技術力・生産体制の強化

国内における生産効率向上や生産能力の拡大を図ると同時に、技術・開発チームが力を発揮できる環境の整備と高度で効率的なものづくり力、人材の育成を図る

国内・海外一体の事業推進体制の構築

グループ会社間、拠点間の連携強化や、各地域に応じた生産・販売・技術の事業体制を構築する

各種施策を成果として結実

「Nikkiso 2025」の位置付け

6カ年計画の前半3年をフェーズ1とし、事業基盤の強化を実施、後半のフェーズ2では、これまでの投資や各種施策を成果として結実させます。