内部統制基本方針

私たちは、業務が適正に執行されるための体制を整備、維持、運用していくことが経営の重要な課題であると認識し、取締役会において「内部統制基本方針」を決定しています。

内部統制の取り組みと体制

当社は、当社グループが社会の一員として健全な社会倫理・価値観を共有し、法令・定款・社会規範を遵守して、ステークホルダーとの良好な関係を構築するとともに、当社グループの持続的な成長と中長期的な企業価値の向上を目指すため、次のとおり、当社グループの内部統制体制を整備しています。
また、透明で公正なグループ経営を目指し、当社グループの従業員が、社外の弁護士等の専門家に通報できる「内部通報制度」を国内外で整備します。

リスク管理・コンプライアンス体制図

コンプライアンス

私たちは、コンプライアンスの礎となる基本的な考え方を、事業のグローバル化に即した視点で具体的に定め、日機装グループで共有するために、「日機装グループ グローバル行動規範」(以下「グローバル行動規範」)を制定しています。
「グローバル行動規範」は、日機装グループのコンプライアンスに関する最高位の基準で、誠実な事業活動(公正な競争、贈賄防止、貿易管理、インサイダー取引禁止等)、会社資産の保護および情報の管理(利益相反取引禁止、適正な会計報告、情報管理等)ならびに人権の尊重および環境との調和(職場の健全性、環境保全等)について規定しています。

私たちは、「グローバル行動規範」に即して事業活動を推し進め、社会的責任を果たしていきます。

反社会的勢力排除に向けた基本的な考え方およびその整備状況

当社では、反社会的勢力とは一切の関係を遮断し、このような勢力からの不当な要求は毅然とした態度で拒絶することを基本方針としています。この基本方針は、取締役会で決定する「内部統制基本方針」に明確に位置づけるとともに、これを徹底するため、遵守すべき具体的な行動基準を明記した「コンプライアンス・ハンドブック」を全従業員に配布のうえ教育を実施し、周知を図っています。

また、コーポレート部門に総括対応部署を設置し、反社会的勢力排除に向けて組織的に取り組んでいます。また、平素から警察関連機関等とも連携し、情報収集に努め、反社会的勢力との一切の関係を遮断します。