POINT1 腎臓ってこんな臓器

腎臓は腰の上あたり、背筋の内側に左右1つづつあります。ソラマメ状の形をしており、成人では握りこぶし程度の大きさで、1個の重さは120〜150gです。腎臓には体の中の環境を一定に維持するため、体の中に生じた老廃物や過剰な塩分などの電解質を排泄し、血液などの体液量とその成分を維持する働きがあります。また、血圧を調整するホルモンや血液を作るホルモンを分泌したり、骨を強くするために必要なビタミンDの働きを助けています。

POINT2 急性腎障害ってこんな病気

手術、外傷、出血性ショック、心不全、肝不全などによる一時的な腎臓への血流の低下、アレルギー性の薬物反応や敗血症などの感染症などによる腎臓内部の炎症、他の疾患による代謝産物の毒性などにより急激(時間又は1日単位)に腎臓の働きが低下した状態を急性腎障害と言います。急性腎障害は回復可能な一方で、これらの原因を取り除かないと急激に悪化することがあります。そのため、治療は「原因に対する治療」と「腎障害から回復するまでの腎機能の管理」を行います。

POINT3 血液浄化ってどんな治療

血液を体の外にいったん取り出し(体外循環)、透析、濾過、吸着などにより、血液から病因物質を除去または電解質のバランスをとり、きれいになった血液を再び体の中に戻す療法です。

POINT4 CRRT(持続的腎代替療法)ってどんな治療

急激に腎臓の働きが低下した場合(急性腎障害)や手術後の肝不全・重症急性膵炎・劇症肝炎など重症度の高い病態に対して行われることが多い治療です。急激に腎臓の働きが低下した場合は原因を取り除くことにより、その働きを回復させることも望めます。CRRTは主にこのような場合に、血液中の老廃物・水分の除去など一時的に腎臓の働きの代りとして使われるほか、その働きの急激な低下をもたらす毒性成分や有害物質そのものを取り除くことにも使われます。重症度の高い患者様に対して使われることが多いため、急激に血液の濃度や循環量、血圧を変化させないようにし、時間をかけて少しずつ治療を行う必要があり、一般的に1度の治療に24時間以上の時間をかけます。主にICU(集中治療室)、CCU(冠疾患集中治療室)、救命救急センターで行われることの多い治療です。

POINT5 CRRT事業について

現在、日機装は欧州や中国を中心にCRRT装置、消耗品、透析液を販売しています。CRRTは重症患者様の管理に不可欠な治療法となり、使用例は世界的に増加し続けています。今後は世界中で自社製品が普及することを目指しています。