深紫外線LED

流水浄化

APPLICATION

こんな場面で深紫外線LED(DUV-LED)は
活躍しています

浄水場で

より安全で安心な水を届けるために

水道水を作る浄水場では、ろ過や塩素殺菌だけでなく、耐塩素性の細菌(クリプトスポリジウムなど)の紫外線による不活化処理が必要です。従来この処理には紫外線水銀ランプが使われてきましたが、水銀は人体に有毒かつ環境への負荷が高いため、代替光源が求められています。

深紫外線LEDを用いることで水銀フリーを実現し、より安全で安心な水を届けられるようになります。また、長寿命化も同時に実現できますので、環境負荷低減にも貢献できます。

家庭・オフィス・レストランで

浄水器の水をさらに綺麗に

日本の水道水は世界一厳しい基準で守られており、水そのものの安全性には問題はありません。しかしながら、配管や蛇口を通過する際に、再度汚染されるリスクを抱えています。このため日本でも浄水器が普及しつつありますが、一般的な浄水器で水の浄化に用いられるフィルタは、浄水場で使用されるものに比べると性能が低く、さらに、使用のたびに劣化していきます。

浄水器に深紫外線LEDを用いることで、再度付着した細菌を無害化できるようになります。また、1万時間超の長寿命により、劣化のリスクを低減でき、頻繁な交換も不要となります。

水が通るあらゆる場所で

気になる部分をピンポイントで綺麗に

十分に浄化された水であっても、配管やタンク内で長期に滞留すれば、水が汚染されるリスクは高くなります。しかし、紫外線水銀ランプはサイズが大きく、局所的な浄化には使用しにくいため、このような場合には一定時間通水することで汚染水を排出することが一般的な対策となっていました。

深紫外線LEDは水銀ランプよりも小型で、局所使用(Point of Use)に適しています。低消費電力、長寿命といった特長もあり、ウォーターサーバ・飲料自動販売機・コーヒーメーカ・歯科用チェア・温水洗浄便座・製氷機など、水が通るあらゆる場所での活躍が期待されています。

深紫外線LEDを
採用するメリット

小型・低消費電力・水銀フリーで
幅広い用途に適しています。

紫外線による浄化は、対象となる細菌に紫外線が照射されれば無害化できる、
細菌に耐性を作らないため薬品や熱に強い細菌も無害化できるといった利点を有しています。

さらに、小型、低消費電力、水銀フリーといった特長もあることから、局所使用、電池など低電圧電源での駆動、
食品向けでの使用など、従来の紫外線水銀ランプでは困難であった用途にも使用できます。

従来の方法との比較

  動作電圧 寿命 ウオーミングアップ時間 環境負荷
低圧水銀ランプ 100V 3,000~5,000時間 600秒~ 高い
DUV-LED 8V 10,000時間 0秒 低い

関連商品

ソリューションの提供

日機装は深紫外線LEDおよび標準モジュールだけでなく、紫外線にかかる豊富な知見、流体・光学など各種解析技術を活かし、
お客様の用途に応じたカスタマイズを通じてソリューションを提供します。

牡蠣養殖向け紫外線処理装置